顔脱毛の悩み Q&A

 

このページでは、顔脱毛で出た質問を回答するページになっています♪

 

わたしも、顔脱毛をするときに色々悩みがあったので、google先生で調べたり、実際に脱毛サロンで聞いたりしてみました。

 

このページで問題が解決できればうれしいです!

 

では、顔脱毛のQ&Aをどうぞ!


ニキビとニキビ跡がひどい。顔脱毛できる?

ニキビとニキビ跡が酷くて、顔脱毛が出来ないかもしれません。

ニキビ跡の色素沈着にレーザーを使うと色が濃くなる可能性があるかもしれないからです。
顔脱毛を施術する、クリニックかエステサロンでニキビやニキビ跡があってもできるところはありませんか?

まず、ニキビやニキビ跡に炎症が起きていなければ、顔脱毛を行うことができます。

 

ちなみにニキビは皮膚の炎症性疾患、ニキビ跡は色素沈着の一種になります。

 

状態によってはニキビを避けて光を照射したり、ニキビ跡にパッチシールを貼って照射を行うところもありますが、よほどひどくなければそのまま顔脱毛を行うところもあるのですよ。

 

気になるニキビやニキビ跡があっても顔脱毛ができるサロンとしてネット上で人気が高いのは、肌への負担が全くなく脱毛ができると雑誌で話題になっている「ディオーネ」です。

 

ニキビが原因で他のサロンで断られた人が、ディオーネでは顔脱毛ができたという口コミが多数寄せられていますよ。

 

また、クリニックに関しては、全国に50院以上展開していることから安い料金で利用できると有名な「湘南美容外科」が注目されているみたいですね。

 

サロンもクリニックも、まずはカウンセリングを受けてムダ毛や肌の状態をチェックしてもらうことをおすすめします。

↑ページTOPへ戻る

鼻下の濃いうぶ毛

顔の脱毛についてです。22歳なのですが、鼻下にヒゲというか、濃いうぶ毛が生えて、顔脱毛を行うつもりです。

クリニックは痛みが強いので、サロンで脱毛しようと思っています。
現在、ワキ脱毛はクリニックで施術して貰っています。

顔のうぶ毛は気になりますよね。

 

サロンで顔脱毛を行うと、肌のトーンが明るくなったり毛穴が目立たなくなるというメリットがあります。

 

それだけでなく、乾燥肌やニキビなどの肌トラブルで悩む必要がなくなりますし、何と言っても自分でムダ毛のお手入れをする手間が省けるのです。

 

現在、ワキ脱毛をクリニックで施術してもらっているのですね。

 

確かにサロンの脱毛方法である「光脱毛」とクリニックの脱毛方法である「レーザー脱毛」と比べると、サロンの脱毛方法のほうが自然の光に近い状態のものを広範囲に優しく当てることができるので、肌に対する負担は軽いのです。

 

ただ、万が一顔脱毛後に肌トラブルを起こした場合、サロンは医療機関ではないのでケアができません。その点、医療機関であるクリニックのほうがアフターケアがしっかりしていますので、現在利用しているクリニックに顔脱毛に関する相談をしてみてはいかがでしょうか。

↑ページTOPへ戻る

顔脱毛の期間について

これから、顔脱毛をしてもらう予定です。

顔脱毛をこれから始めた場合、サロンと美容外科で、それぞれどれぐらいの期間、通わなくてはいけないのですか?

顔脱毛はサロンと美容外科などの医療機関で行うことができますが、やはり利用する期間がそれぞれ違います。

 

サロンの場合は、脱毛効果を実感できるのにおよそ18回ほど施術を行う必要があります。

 

この回数を期間にすると、およそ2年~3年の利用期間が必要であると考えられます。

 

次に美容外科の場合は、サロンと比べると脱毛効果を実感するのが早くなっていて、およそ8回ほどの施術が必要になります。

 

この回数を期間で表すと、およそ1年~1年半の利用期間が必要と考えられます。

 

実は顔脱毛だけでなく、全身のどの部位であっても、サロンより美容外科などの医療機関のほうが早く脱毛効果を実感することができるのですよ。

 

ただし、その分、サロンよりも費用が高くなりますので、利用を考える時には費用面についても検討してみてはいかがでしょうか。

↑ページTOPへ戻る

顔脱毛の時期

顔脱毛は夏に受けるとダメって聞きました。

脱毛は時間が掛かるので、春から始めると夏まで通うことになってしまうので、やめたほうがいいですか?

確かに、6月~9月の夏の時期に顔脱毛を受け付けていないサロンが複数あります。

 

理由は

 

・紫外線対策ができなかった肌に対して顔脱毛ができない

 

・汗をかきやすい夏は汗と皮脂が混ざり合い、その状態で顔脱毛をすると肌に炎症やヤケドを起こす可能性が高くなる

 

・夏の暑い時期は顔脱毛後の肌に熱がこもりやすくなって、肌への負担が大きくなるため

 

などから夏の顔脱毛は受け付けていないようですね。

 

顔脱毛を始めるのに適している時期は、紫外線が少ない秋や冬なのですよ。

 

それに、顔脱毛は効果を実感するのにサロンで2~3年、クリニックで1~1年半の期間、通う必要があります。

 

もし、今年の夏に向けて春から顔脱毛を始めることを考えるのであれば、今年の夏に効果を期待するのは難しいかもしれませんね。

 

どうしても今年の夏に顔脱毛をしたいと思うのであれば、一度サロンやクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

↑ページTOPへ戻る

顔脱毛の時の化粧について

顔の脱毛の時の化粧。

これから顔脱毛しようと検討中なのですが、脱毛を行うときは、メイクを落としてから脱毛を施術するのでしょうか?
メイクしたまま脱毛を行うのでしょうか?

確かにすっぴんの状態でサロンまで行くのは「恥ずかしい」と思いますよね。

 

サロンまではメイクをして行っても問題はありません。

 

ただし、顔脱毛を行う時にはきちんとメイクを落とさなければなりません。

 

ですので多くのサロンでは、メイクを落とす道具が用意されています。

 

なぜ顔脱毛の時にメイクを落とさなければならないのかというと、衛生上の問題もありますが、「脱毛効率を落とさない」という理由もあります。

 

メイクをした状態で光脱毛を行うと、脱毛したい部分にうまく照射されずに脱毛効果が得られない場合があるのです。

 

ですから、顔脱毛前は「しっかりとメイクを落とす」ことを心掛けましょう。

 

ちなみに、顔脱毛後はしっかりと保湿をして肌を落ち着かせた後にメイクをしても大丈夫ですよ。

↑ページTOPへ戻る

顔の脱毛について(そばかすあり)

私の顔には、ソバカスがいくつもあります。私のように顔のそばかすがある人が顔脱毛をすることが出来るのでしょうか?

そばかすやほくろがあると、レーザーや光脱毛が反応して、余計黒くなってしまうのではないかと心配です。
また、そばかす・ほくろがあっても大丈夫な顔脱毛を知っている人があれば教えてほしいです。

ほくろやそばかすがあると顔脱毛ができないという話をサイトで見たり、耳にする事があります。

 

ほくろがある場合、ほくろにシールを貼って脱毛をしますので、問題なく顔脱毛ができますよ。

 

そしてそばかすについてですが、サロンやクリニックなどがカウンセリング時に「そばかすの色が薄い」と判断した場合は、顔脱毛ができる可能性があります。

 

ただ、サロンが使用する「光脱毛」やクリニックが使用する「レーザー脱毛」というのは、毛に反応する、つまり黒い色素に反応する特徴がありますので、濃さによっては顔脱毛ができないかもしれませんし、ほくろと同様、シールを貼って保護をして顔脱毛を行うかもしれません。

 

ちなみに、ほくろやそばかすに関係なく、安心して顔脱毛が出来るサロンとしてネット上で注目されているのが「ディオーネ」になります。

 

ディオーネが使用している脱毛方法は黒い色素に反応する光脱毛できなく、「ハイパースキン脱毛法」と呼ばれる毛の種に働きかける光を照射しますので、安心して利用できるのですよ。

 

さらに光脱毛やレーザー脱毛の熱が70度~80度なのに対して、ハイパースキン脱毛は36度前後という低温ですから、肌が弱い人や子どもの肌にも脱毛ができるものになっています。

 

ですので、ほくろやそばかすで顔脱毛を諦める必要はないと思いますよ。

↑ページTOPへ戻る

顔のフラッシュ脱毛について

顔をフラッシュ脱毛することに決めたのですが、顔にフラッシュ脱毛することで、シミが出来やすくなることはありませんか?

顔脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛などもあるようですが、一番おすすめはどれになりますか?

実際にフラッシュ脱毛を利用して「シミができた」という口コミをネットなどで見かけることがありますね。

 

まず、フラッシュ脱毛というのは、エステサロンのシミ治療で使われる「フォトフェイシャル」に似た働きをします。

 

ですので、フラッシュ脱毛で顔脱毛をすると「シミが薄くなる」というイメージを持ちますが、「シミができた」「シミが濃くなった」と感じるのは、もともと肌の奥に隠れていたシミが表に出てきただけなのですよ。

 

肌の奥に隠れているシミにフラッシュライトをあてると、細胞がどんどん活性化して新しい細胞が作られます。

 

すると、シミの元が表面に押し上げられて「シミができた」と見えてしまうだけなのです。

 

その後はだんだんと薄くなっていきますから、心配する必要はありません。

 

ただし、肌にダメージが与えられてできたシミであれば話は別ですから、必ず相談するようにして下さいね。

 

そして顔脱毛におすすめの脱毛方法ですが、それぞれが持つ考え方によっておすすめできる脱毛方法が異なります。

 

もし、痛みをほとんど感じない顔脱毛を希望するなら、サロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)になりますし、早く脱毛効果を実感したいのであれば、医療機関で行うレーザー脱毛になります。

↑ページTOPへ戻る

効果のある顔脱毛について

顔の永久脱毛にはニードルやレーザーなどいろいろあります。1番効果があるのはどれですか?

 

顔を永久脱毛したいと思っています。
永久脱毛の種類には、ニードル脱毛、レーザー脱毛など色々あるようです。
実際におすすめで効果があるのはどれになるのでしょうか。
金額は10万円ぐらいで考えています。

永久脱毛を考えているということは、おそらくクリニックなどの医療機関での施術を望んでおられるのですね。

 

まず、ニードル脱毛でもレーザー脱毛でも、徹底的に脱毛したいと考えるのであればニードル脱毛が効果を得られるでしょう。

 

というのも、レーザー脱毛は黒い毛に反応するレーザーを使って毛に大量の熱を与え、間接的の毛の発生源を破壊するものになりますが、ニードル脱毛は梁を毛穴に入れて電流を流し、直接、毛の発生源を破壊するので、一度脱毛をした部分からは毛が生えてこないのです。

 

ただし、レーザー脱毛よりもニードル脱毛のほうが痛みを感じると思って下さいね。

 

そして費用面についてはクリニックによって異なりますが、ニードル脱毛でおよそ10万円~30万円、レーザー脱毛の場合は1万円~3万円となっています。

 

コースや回数によっても費用が変わりますので、クリニック側としっかり相談して下さい。

↑ページTOPへ戻る

自分で顔脱毛(家庭用脱毛器)をした後の毛穴の悩み

自分で顔脱毛をしていますがメイクをするようになって、毛穴が目立ち困っています。

肌やほほが開いていて、毛が多いのです。
これは、顔脱毛(クリニックやサロン)をすると毛穴が見えなくなりますか?

顔のうぶ毛というのは本来、細くて薄い状態ですから、家庭脱毛器を使っていると毛穴が目立たなくなるのがほとんどだと思います。

 

もしかしたら、うぶ毛の根元がしっかりしていて、それが残ってしまっているからかもしれませんし、家庭用脱毛器の出力が弱いのかもしれません。

 

もし、家庭用脱毛器を使用した後、毛穴が気になるのであれば、サロンの光脱毛で顔脱毛を行うことをおすすめします。

 

サロンで行われる顔脱毛は

 

・肌のトーンが明るくなる
・ニキビや乾燥などの肌トラブルが少なくなる
・毛穴が目立たなくなってツルツルな肌になることができる

 

などの、嬉しい効果を得られますよ。

 

ただし、サロンでの顔脱毛は1度だけ通えば効果を実感できるものではありません。

 

何度かサロンに通わなければなりませんし、ある程度の費用が必要です。

 

最近では低料金で利用できるサロンが増えましたが、そういった点も含めて考えてみてはいかがでしょうか。

↑ページTOPへ戻る

肌が弱い人の顔脱毛について

顔の脱毛について。 最近顔のうぶ毛が気になります。電気カミソリを使って産毛を処理していますが、カミソリ負けをしてしまいます。

ですが、毛が伸びると恥ずかしいので、気になってきたときに処理をすると、肌が赤くなってヒリヒリしてしまいます。
アフターケアは保湿をしているのですが、改善出来ません。
最近顔脱毛のサロンがあることがわかり色々調べています。
お肌が弱い人でも通うことが出来るディオーネが良いかと思っていますが、実際に通っている人がいれば、その効果などを教えてほしいです。

確かに肌が弱いと、サロンを利用したいと考えても、なかなか決断できませんよね。

 

それにサロンで顔脱毛を利用した人から「脱毛後、顔に赤いブツブツができてしまった」という話を聞いたことがあります。

 

実際にディオーネに通った人の話を聞いてみると、アトピー肌や敏感肌でも安心して利用できる「ハイパースキン脱毛法」と呼ばれる方法で顔脱毛をしたそうです。

 

多くのサロンで使われる光脱毛は高温でムダ毛を処理しますが、ハイパースキン法は光脱毛よりも低温で痛みを感じずに脱毛ができるそうです。

 

ですから、肌が弱い人でも安心して利用できますし、肌が弱い人でも脱毛を受け付けてくれるのですよ。

 

スタッフの方もとても親切に対応してくれたそうですし、ディオーネで顔脱毛をした後は、肌トラブルを起こすことなく過ごせているようです。

↑ページTOPへ戻る